for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは105円前半、安値から反発も伸び悩み

[東京 14日 ロイター] -

<12:12> 正午のドルは105円前半、安値から反発も伸び悩み

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点(105.47/49円)に比べ、若干ドル安/円高の105.40/42円。

ドルは午前9時過ぎに105.50円と高値を付けた後、じわじわと売られ、午前10時半過ぎには105.30円まで下落した。下落過程では、実需のフローもあった模様だが、そうしたフローに乗った投機筋の下値攻めはワークせず、前日の安値105.28円の手前で折り返して、やや反発した。

しかし、来月に迫った米大統領選では結果を巡る混乱が予想されることや、米追加経済対策協議が難航していることもあり、これらの不安要因を背景に米長期金利が8日ぶりの低水準となり、ドルの上値は伸び悩んだ。

<10:38> ドル105円前半に下落、米長期金利は8日ぶり低水準

ドルは105.32円付近できょうこれまでの安値圏。午前9時過ぎからじわじわと下値を切り下げている。前日の海外市場でドルは一時105.62円まで上昇した。

市場では、米長期金利が約1週間ぶりの低水準にあるにもかかわらず、前日ドルが全面高になったことに違和感があるとの声が聞かれたが、足元では、ドルが米長期金利の水準にサヤ寄せして、軟化する展開となっている。

米10年国債利回りは0.7322/7305%の気配。

前日一時0.7260%付近まで低下し、今月6日以来の低水準となった。現在も8日ぶり低水準での取引。

市場では、米大統領選結果での混乱や、難航する米追加経済対策協議などがドルを巡るリスク・ファクターとして意識されている。

バンク・オブ・アメリカ(BofA)が13日公表した機関投資家調査によると、11月3日の米大統領選が紛糾しそうなため、第4・四半期の金融市場は荒れるとの予想が全体の4分の3近くを占めた。

ユーロは1.1743ドル付近、対円では123.67円付近と軟調で、ドル、ユーロ、円の中では、円が最も強い通貨となっている。

<09:15> ドル105円半ば、手掛かり材料は人民元から欧州通貨へ

ドルは105.47円付近で小動き。

前日の海外市場では、ユーロや英ポンドなどの欧州通貨が下落する中で、ドルと円の強さが目立った。ドル/円では、両通貨の「力くらべ」となり、ドルの力が円をやや上回ったため、ドル/円は小幅高となった。

一方、先週末から注目を集め、ドル相場を左右してきた人民元については、「昨日(の海外市場で)は全く話題にならなかった。足元では、人民元の話題性が低下する一方で、欧州通貨の動向に関心が向けられている」(外為アナリスト)との指摘が聞かれた。

ユーロは現在1.1744ドル付近。前日はアジア時間の高値1.1815ドル付近から、1.1730ドルまで大幅に下落し、約1週間ぶり安値を付けた。

ユーロを巡っては、独経済指標が予想外に悪かったことや、欧州地域での新型コロナウイルス感染の再拡大による景気下押し懸念などがあるほか、「このところのユーロ上昇は他力本願で、ドル安の裏で生じたものだったが、今は、他力本願の部分がはげ落ちてきている」(前出のアナリスト)という。

イタリアのコンテ首相は13日、コロナ感染再拡大を受け、集会、レストラン、スポーツ、学校活動に対する新たな制限措置を発表した。

スペインでは13日、初期診療を担う医師ら数百人によるストライキが行われた。同国の累計感染者は90万人に迫り、死者は3万3000人を超えている。

<07:49> ドル105.10─105.90円の見通し、欧州通貨安が再燃するかが焦点

ドル/円は105.47円付近、ユーロ/ドルは1.1745ドル付近、ユーロ/円は123.90円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が105.10―105.90円、ユーロ/ドルが1.1700─1.1800ドル、ユーロ/円が123.40―124.40円とみられている。

前日の海外市場では、株安でリスク回避ムードが広がり、円とドルが買われ、欧州通貨などが売られる流れとなった。

リスク回避地合いが広がった背景として、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を中断したことで、ワクチン開発を巡る不安が高まったことや、米追加経済対策を巡る不透明感が再び意識されたことなどがある。

欧州通貨の下落に関しては、「ドイツ欧州経済センター(ZEW)景気期待指数の予想外の低下や、スペインやイタリアでのコロナ感染再拡大、英国と欧州連合(EU)の通商協議に進捗がないことなどがある。きょうは欧州通貨売りが再燃するかが焦点となる」(外為アナリスト)という。

「ドル/円では、105円前半で押し目買い、105円後半では戻り売りが出やすい」(同)という。

また、前日の海外市場では、米長期金利が低下する中で、ドルがほぼ全面高になるという不自然な流れになったため、市場が再び米金利動向に着目すれば、ドル/円の上値は重くなりやすいとみられる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up