for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:NZドル73円前半へ下落、巨額買いの短期筋が売りか

[東京 21日 ロイター] -

<09:26> NZドル73円前半へ下落、巨額買いの短期筋が売りか

朝方からNZドルの軟調ぶりが目立っている。対米ドルで前週末終盤の0.71ドル前半から0.70ドル後半へ、対円でも73円後半から前半へ下落した。

特段の手がかりは見当たらないが、短期筋の買い持ちが大きく膨らむ中、対米ドルで2年半ぶり高値圏まで買われたことで「利益確定の売りが出やすくなっている」(トレーダー)という。

米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物非商業(投機)部門の取組状況によると、NZドルの買い越し幅は12月15日までの週に18年5月以来の高水準へ達した。

ドルは103円前半で一進一退。

<07:48> ドル102.70─103.70円の見通し、英の悲観と米の楽観

きょうの予想レンジはドル/円が102.70―103.70円、ユーロ/ドルが1.2200─1.2270ドル、ユーロ/円が126.10―126.90円付近。

早朝の取引でポンドが下落。週末に欧州各国が、変異種の新型コロナウイルスが広がっている英国からの渡航禁止を発表したことなどが話題となっている。

ポンド安/円高を受けて、ドルも朝方の薄商いの下、高値103.55円から103.32円まで売られた。

一方、米国議会が週末の協議を経て、追加経済対策に合意したとの報道を背景に「円を売り込もうとする動きもある」(証券)といい、円は売買が交錯しやすい状況だ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up