for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル102.80─103.60円の見通し、株価や中国指標に注目

[東京 4日 ロイター] -

<07:43> ドル102.80─103.60円の見通し、株価や中国指標に注目

ドル/円は103.22円付近、ユーロ/ドルは1.2237ドル付近、ユーロ/円は126.30円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が102.80―103.60円、ユーロ/ドルが1.2190─1.2290ドル、ユーロ/円が125.80―126.80円とみられている。

今年初の取引日となるこの日は、中国の財新が発表する12月の製造業PMI(購買担当者景気指数)や菅首相の年頭記者会見が予定されており、株価への影響と合わせて注目されている。

米ジョージア州では5日に連邦議会上院の2議席を巡る決選投票が行われる予定だ。次期政権与党となる民主党が2議席とも確保すれば、民主党が実質、上下両院を制することになるため、注目される。

年末30日の海外市場では、ユーロ高/ドル安の波及効果で、ドル/円が一時102.97円に下落する場面があったものの、102円台での深押しは免れた。

市場では、「きょうは日経平均の動向、新型コロナの感染状況、中国の指標などが最も注目されるが、ニュージーランド市場が休みで、早朝の取引は低迷しており、様子見ムードの参加者が多い」(外為アナリスト)との声が聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up