for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは105円半ば、リスク選好の円売りで11日ぶり高値

[東京 16日 ロイター] -

<12:02>正午のドルは105円半ば、リスク選好の円売りで11日ぶり高値

正午のドル/円は、前日東京市場の午後5時時点(105.17/18円、日銀集計値)に比べ、ドル高/円安の105.53/55円。株高でリスク選好地合いのなか、投機的な円売りが勢いづき、円は幅広い通貨に対して下落した。

ドルは105.58円まで上昇し、11日ぶりの高値をつけた。

ユーロ/円は128.22円まで上昇し、2年2カ月ぶり高値。豪ドル/円は82.40円まで上昇し、同じく2年2カ月ぶり高値。英ポンド/円は147.26円まで上昇し、1年2カ月ぶり高値を付けた。

ドル/円では日米金利差の拡大が円売り材料となったほか、対資源国通貨では原油価格の上昇が資源国通貨買い/円売りを誘った。

リフィニティブによると、米10年国債利回りは一時1.2500%付近まで上昇し、昨年3月以来の高水準となった。

米WTI先物は前日に一時バレル当たり60.95ドルまで上昇し、昨年1月8日以来の高値を付けた。現在は60.22ドル付近と前日終値比で小幅高の水準での取引となっている。

<10:05> 豪ドル82円前半に上昇、2年2カ月ぶり高値更新

豪ドルは82.10円付近。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の2月の理事会議事要旨の公表直後に82.18円まで上昇し、2018年12月以来の高値を付けた。

RBAは16日、2月の理事会議事要旨を公表し、インフレ率をより心地良い水準に押し上げるには労働市場が持続的にかなりタイト化する必要があり、これを達成するには数年かかる可能性があるとの見解を示し、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを相当期間にわたって据え置く方針を示した。

また、債券買い入れ終了は豪ドルに「多大な」上昇圧力となるとの認識を示した。

市場では「議事要旨そのものは豪ドルの買い材料かどうか微妙だが、原油高を背景にカナダドルや豪ドルなどの資源国通貨を買いやすい環境になっている」(外国銀)という。

また、株高を背景とするリスク選好地合いで投機的な円売りが幅広い通貨に対して進んでいる中で、対資源国通貨での円売りは特に奏功しやすいとみられる。

<09:36> ドル105円半ばに上昇、株高で幅広い通貨での円売り続く

ドルは105.46円付近。前日海外市場の高値105.41円を上抜け、8日ぶりの高値を更新した。

世界的な株高のもと、外為市場では、幅広い通貨に対して円が投機的に売られる状況が続いており、ユーロ/円は128.03円と2年2カ月ぶり高値を更新。英ポンド/円も146.87円と1年2カ月ぶり高値を更新した。

ユーロ/円の上昇については「株高に加え、イタリアの政局安定や原油高も寄与している可能性がある」(外為アナリスト)という。

米WTI先物は前日一時60.95ドルまで上昇し、昨年1月8日以来の高値を付けた。

背景には米国の追加景気対策や新型コロナウイルス感染抑制のためのロックダウン(都市封鎖)の緩和への期待や、米テキサス州での異例の寒波の影響で石油精製施設が閉鎖されたことなどがあるという。

米WTI先物は現在60.18ドル付近で取引されている。

<08:30>ユーロ127円後半で2年2カ月ぶり高値圏、想定レートを大幅に上回る

ドルは105.35円付近。

世界的な株高を背景に、ドルは前日の欧州時間に105.41円まで上昇し、約1週間ぶりの高値を付けた。前日は米国市場が休場だったため、ニューヨーク時間にかけては追加的なドル買い/円売りが流入せず、ドル/円は弱含んだ。

ユーロは127.78円付近。前日一時127.96円まで上昇して2年2カ月ぶり高値を付け、現在も同高値圏での取引となっている。

リスク選好下で幅広い通貨に対して円売りが進む「円売り主導の相場」が展開する中、市場では投機筋や実需勢によるクロス円での円売りがどれほど勢いづくかが最も注目されている。

国内実需勢の動向を予想する上で、想定為替レートがしばしば引き合いに出される。

12月の日銀短観では、事業計画の前提となっている想定為替レート(全規模・全産業)が、2020年度下期に106.55円、ユーロが121.10円だった。

ドル/円では想定レートまで相当距離があるため、ドル売りが勢いづきにくい状況にある。

一方で、ユーロ/円は想定レートを大幅に上回る水準まで上昇しており、為替面からみれば、国内輸出勢のユーロ建てビジネスは十分に採算がとれる状況にあることが分かる。

ただ、「ユーロ高のトレンドが続くとの見方が強ければ、国内勢も慌ててユーロを売る必要はない」(国内銀)とされ、現時点では国内勢によるユーロ売り/円買いが勢いづく公算は小さいという。

<07:47> ドル104.90─105.90円の見通し、円売りの勢い強まるか

ドル/円は105.36円付近、ユーロ/ドルは1.2125ドル付近、ユーロ/円は127.60円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が104.90―105.90円、ユーロ/ドルが1.2080─1.2180ドル、ユーロ/円が127.30―128.30円とみられている。

30年半ぶりに3万円台に突入した日経平均株価を含め、世界的な株高でリスク選好の地合いが広がる中、前日の欧州時間には円売りが強まる流れとなり、ドル/円は一時105.41円まで上昇、約1週間ぶりの高値を付けた。米国市場はプレジデンツデーのため休場だった。

「株高下のリスクオンではドルと円が同時に買われやすいが、足元では米長期金利の上昇が目立つ中で日米金利差拡大から、ドルより円が投機的な売りの対象となりやすい」(外為アナリスト)とされ、きょうも、特にクロス円での円売りの勢いが注目されるという。

ユーロ/円は前日127.96円まで上昇し、2018年12月以来の高値を付けた。英ポンド/円も146.63円付近まで上昇し、2019年12月以来の高値を付けた。

きょうは旧正月の中国、台湾、ベトナムが休場となるが、香港勢は前日の休暇から復帰しており、アジア時間の取引は、前日に比べ厚みを増すとみられる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up