for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは110円半ば、仏都市封鎖の余波警戒

[東京 5日 ロイター] -

<12:15> 正午のドルは110円半ば、仏都市封鎖の余波警戒

正午のドルは2日東京市場午後5時の水準と変わらずの110円半ば。日経平均の3万円台回復などを背景に一時円が小幅に売られる場面もあったが、きょうも休場の国が多いこともあり、値動きは限られた。

ユーロは朝方の130.25円から130.10円付近までじり安となった。市場では、3日から始まった仏全土のロックダウン(都市封鎖)に関心を寄せる声が出ていた。「独など他国も同様の対応を強いられることになるかがポイント」(外銀)という。

仏のルメ-ル経済・財務相は4日、今回のロックダウンを受けて、今年の経済成長率予測を6%から5%に引き下げると表明した。

<09:08> ドル110円後半、米長期金利上昇に変調の兆し

ドルは110円後半と2日東京市場午後5時の水準から小幅に上昇。日経平均は寄り付き直後から300円超上昇し、3万円台を回復した。対豪ドルなどで小幅に円が売られている。

朝方の市場では、前週末の米金利市場の動きが関心を集めている。予想を上回る雇用統計の発表後、短期金利が長期・超長期を上回る上昇を見せ、イールドカーブがフラットニングしたためだ。

これまでは低金利政策の長期据え置きと巨額財政出動をにらみ、カーブはスティープニング圧力が強い傾向にあった。長期金利の上昇が意外に限られたことで「日本勢の押し目買い意欲の強さもあり、長期金利が上昇しづらくなってきた可能性がある」(証券)という。

米10年債利回りは3月30日に1.77%台まで上昇し、昨年1月以来1年2カ月ぶり高水準をつけた。その後は上昇が一服となり、2日終盤は1.71%台だった。

<07:45> ドル110.10─111.00円の見通し、米金利の動き注視

きょうの予想レンジはドル/円が110.10―111.00円、ユーロ/ドルが1.1710─1.1800ドル、ユーロ/円が129.70―130.70円付近。

予想を大きく上回る米雇用統計と、その後の米イールドカーブのフラット化を受けて、前週末の外為市場ではドルが広範に上昇。対円でも一時110.75円まで切り返した。「巨額財政出動への期待が支えとなっている」(都銀)という。

2日は多くの国が休場だっため、市場では米金利の反応をもう少し見極めたいとの声が出ている。きょうもアジアでは豪中、欧州では英独仏伊などが引き続き休場となる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up