for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは109円後半で買い一巡、下値は堅い

[東京 15日 ロイター] -

<12:01> 正午のドルは109円後半で買い一巡、下値は堅い

正午のドルは前日のNY市場午後5時時点(109.99/02円)に比べて小幅にドル安/円高の109.87円付近で推移している。五・十日で国内輸入企業のドル買いなど実需フローが活発になったとみられ一時110.02円まで上昇したものの、大台は維持できず、その後は109円後半でもみあう展開となった。

前日のパウエル米FRB議長の議会証言を終えてドル高の流れが一服したが、下値も底堅く推移した。市場からは「パウエル議長のハト派発言はある程度予想されていたことなので、サプライズではなかった」(バンク・オブ・アメリカのチーフ為替・金利ストラテジスト、山田修輔氏)との意見も聞かれた。

市場では引き続き米長期金利の動向に関心が集まっており「再び米長期金利が1.2%台まで下落するのかどうか見極めたい」(山田氏)との指摘が出ていた。現在、米10年債利回りは1.33%台で下落基調となっている。

一方、前日のドル下落を受けてユーロ/ドルは買い戻しが活発になっていたが、東京時間ではやや軟化した。現在、ユーロ/ドルは1.1822ドル付近で推移している。

パウエル議長のハト派発言を受け海外時間にユーロは強含んでいたが「積極的にユーロを買う明確な理由は少ない」(外銀)との指摘もあり、ユーロは停滞ムードが続くとみられている。

<09:24> ドル109円後半で小動き、米FRB議長はハト派姿勢維持

現在、ドル/円は朝方からほぼ横ばいの109.90円付近で推移している。

きょうは商業決済が集中しやすい五・十日に当たり仲値公示にかけては国内輸入企業などのドル買いフローが活発になるとみられているが、足元ではドル/円は小動きとなっている。

前日のパウエル米FRB議長の議会証言について市場では「その前日に発表された米CPIの内容が良かっただけに期待感もあったが、実際はこれまでのハト派姿勢を堅持する内容で、やや失望感も誘ったようだ」(FX会社関係者)との声が聞かれた。

パウエル議長は量的緩和縮小の開始など支援策の解除は「まだ先」との見解を示し、「景気回復が完了するまで」、FRBは金融政策を通じて経済に「強力な支援」を提供すると表明した。

パウエル議長はきょうも上院金融委員会で証言を行う予定だが、前日と違う内容の発言をすることは考えにくいとみられ「さほど材料視されないのではないか」(同)という。

<07:48> ドル109.60─110.40円の見通し、ドル高一服も下値は底堅い

きょうの予想レンジはドル/円が109.60―110.40円、ユーロ/ドルが1.1790─1.1890ドル、ユーロ/円が129.70―130.70円付近。

現在、ドル/円は109.98円付近、ユーロ/ドルは1.1836ドル付近、ユーロ/円は130.18円付近で推移している。

前日のNY市場では、ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が下院委員会での証言でハト派姿勢を維持したことが材料視された。

パウエル議長は下院金融サービス委員会の公聴会で証言し、量的緩和縮小の開始など、支援策の解除は「まだ先」との見解を示した上で、「景気回復が完了するまで」、FRBは金融政策を通じて経済に「強力な支援」を提供すると表明した。インフレの高まりについては一過性という認識を改めて示した。

きょうの為替市場ではドル高の流れが一服する中、ドル/円相場は下値も堅い展開となる見通し。

今週注目されていた米消費者物価指数(CPI)公表とパウエル議長の初日の議会証言を終え、「イベント通過後でややポジションを傾けづらい状況」(上田東短フォレックス・営業推進室長、阪井勇蔵氏)だという。

阪井氏は「ドル上昇のモメンタムが失われつつある」としつつも、109.50円付近では押し目買いも入り、「ドルは底堅さを維持するのではないか」との見方を示した。

また、きょうは商業決済が集中しやすい五・十日に当たり、仲値公示にかけては国内輸入企業のドル買いなど、実需フローが活発になるとみられている。

パウエル議長のハト派発言を受けてユーロ/ドルは上昇したが、「ECB(欧州中央銀行)もハト派姿勢を維持しているので、ユーロが積極的に上値を追う雰囲気ではなさそうだ」(阪井氏)との声が聞かれた。

主なスケジュールでは、中国で第2・四半期の国内総生産(GDP)、6月の鉱工業生産、小売売上高、固定資産投資(国家統計局)が公表されるほか、米国で新規失業保険申請件数(労働省)、6月輸出入物価(労働省)が発表される予定となっている。また、パウエル議長が上院金融委員会で証言を行う予定。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up