for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ユーロは1.17ドル後半で停滞、ECB理事会控え様子見も

[東京 21日 ロイター] -

<14:01> ユーロは1.17ドル後半で停滞、ECB理事会控え様子見も

現在、ユーロ/ドルは1.1774ドル付近、ユーロ/円は129.37円付近で推移している。

欧州中央銀行(ECB)は明日22日に政策金利発表を控えており、様子見姿勢が強まっているという。市場では、明日のECB理事会について「先日行われた金融政策の戦略見直しの結果をフォワードガイダンスにどのように反映するかが注目点だ」(国内信託銀行)との声が聞かれた。

ECBメンバーは依然としてハト派姿勢を堅持しているが、「戦略見直しを踏まえてさらに強い緩和姿勢を示した場合、ユーロの下押し圧力になりそうだ」(同)という。

<12:02> 正午のドルは109円後半、底堅いが伸び悩み

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点(109.84/87円)に比べて若干ドル高/円安の109.89/91円だった。

午前の取引では、4連休を控えた国内実需勢によるドルの手当て買いなどでドルは一時109.98円まで上昇した。その後は、米長期金利や日経平均が上昇幅を削ったことでドルは伸び悩んだが、一方で109円半ばから前半では値ごろ感によるドル買い需要もあるとされ下値リスクは限定的で、底堅さを維持した。

リフィニティブによると米10年国債利回りは現在1.2119/2102%の気配。前日付けた5カ月ぶり低水準1.1277%から持ち直しているものの、今朝つけた戻り高値1.2285%からは低下した。

<10:36> ドル109円後半で堅調、米金利低下に達成感も

ドルは109.93円付近で底堅く推移している。株価の反発や米長期金利の上昇、連休を控えた国内勢によるドルの手当て買いを受けて一時109.98円まで上値を伸ばした。

米10年国債利回りは1.2185/69%の気配と、前日付けた5カ月ぶり低水準1.1277%から持ち直している。

SMBC日興証券、チーフ為替・外為ストラテジストの野地慎氏は「昨年8月の最低利回り0.5019%と今年3月30日の最高利回り1.7617%の半値押しレベルである1.1318%に前日到達した格好となり、利回り低下についてはいったんの達成感が生じた可能性が高い」と話す。

来週27―28日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)については「まだまだ史上最高値近辺で推移する米株市場を前に金融緩和政策の長期化や強化を示唆する公算は低いとみられ、当面は、米国債利回りの低下を促す材料に乏しい」という。 また、米国債市場で需給が良好なうちにテーパリング(量的緩和の段階的縮小)を早々に推し進めるべきとのFOMCメンバーが増えても不思議はないとみている。

<09:30> ドル109円後半、連休控えたドル買い需要も

ドルは109.89円付近。前日海外市場でドルが買い戻された流れを引き継いで、一時109.94円付近まで上昇した。

午前10時にかけては、4連休を控えた国内勢のドル買いが予想され、底堅く推移するとみられている。

リフィニティブによると、米10年国債利回りは現在、1.2268/1.2252%の気配。同利回りは前日1.1277%付近と5カ月ぶり低水準を付けたが、その後は急上昇した。

<07:53> ドル109.30─110.30円の見通し、4連休前の国内勢のフローに注目

ドル/円は109.87円付近、ユーロ/ドルは1.1781ドル付近、ユーロ/円は129.47円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.30―110.30円、ユーロ/ドルが1.1730─1.1830ドル、ユーロ/円が128.90―129.90円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、米経済指標がまちまちとなるなか、米10年国債利回りが1.1277%付近まで低下し、2月以来5カ月ぶりの低水準となった。これを受けてドルは109.36円まで売られた。しかし、その後、同利回りが1.22%台まで急上昇したことで、ドルも109.96円まで買い戻された。

きょうは「引き続き金利相場となりそうだが、国内勢は4連休前の最後の取引日となるため、仲値公示の午前10時ごろにかけて、実需の手当て買いなどが予想され、110円を目指す局面があるかもしれない」(外為アナリスト)との意見が出ていた。

また、前日のニューヨーク市場でドル/円が買い戻された流れを引き継ぎ、午前の取引では、ドル買い/円売りが先行しやすいとみられる。

一方で、109円前半ではドルが底堅さを保ちそうだ。世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大し、経済の先行き懸念が台頭する中、リスク回避でドルと円が両方買われやすくなるため、ドル/円の一方的な下げは想定しにくい環境となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up