for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル109.00─109.80円の見通し、上値重い 中国リスクに警戒も

[東京 16日 ロイター] -

<07:50> ドル109.00─109.80円の見通し、上値重い 中国リスクに警戒も

きょうの予想レンジはドル/円が109.00―109.80円、ユーロ/ドルが1.1790─1.1850ドル、ユーロ/円が128.70―129.70円付近。

現在、ドル/円は109.35円付近、ユーロ/ドルは1.1819ドル付近、ユーロ/円は129.24円付近で推移している。

前日のNY市場では、14日公表の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことから米連邦準備理事会(FRB)の早期テーパリング(量的緩和の段階的縮小)期待が後退したことを背景に、ドルが下落した。

きょうの為替市場でドル/円相場は、上値の重い展開が予想されている。ドルが109円前半で推移していることから、「押し目買いも入り、109円を下回るリスクは低い」(上田東短フォレックス・営業推進室長、阪井勇蔵氏)との見方が出ているものの、110円台までドルが上昇する可能性は低いという。

また、中国の不動産開発大手、中国恒大集団を巡る過剰債務問題が市場では警戒されている。「さらにセンチメントが悪化すれば、リスク回避の円買いにつながるとみられ、ドル/円やユーロ/円の円高圧力が強まりそうだ」(阪井氏)との声が聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up