for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半、米長期金利は一時1.45%台と7月以来の高水準

[東京 24日 ロイター] -

<14:24> ドル109円前半、米長期金利は一時1.45%台と7月以来の高水準

ドルは110.43円付近。朝方には利益確定売りを受け一時110.20円まで下落した。

米10年国債利回りは1.4524%付近まで上昇し、7月2日以来の高水準となった。米長期金利の上昇に乗じて、ドルも109.45円まで上昇した。

きょうは事実上の五・十日にあたり、実需の売買が目立ったほか、「株価の大幅高でリスク選好の円売り、米長期金利の上昇を受けた短期筋によるドル買いもみられた」(外国銀)という。

<12:12> 正午のドルは110円前半、英ポンド高がドル/円の上昇を限定

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点(110.30/33円)に比べ、若干ドル高/円安の110.38/40円。

リスク選好ムードの中、ドルは仲値前に一時110.43円まで上昇し、9月8日以来の高値を付けた。

しかし、その後はやや伸び悩んだ。背景には、前日大幅高となった英ポンドの続伸がある。「ドルの対英ポンドでの弱さが、ドル/円の伸びしろを限定した」(外国銀)との意見が聞かれた。

英ポンド/円は151.48円付近で一時151.64円まで上値を伸ばした。

英ポンド高の背景は、 イングランド銀行(英中央銀行)が23日開催した金融政策会合で、年末時点のインフレ率が4%を超え、目標の2%を大きく上回る見通しで、金利上昇の根拠が「強まったもよう」という見解を示したこと。

英ポンド/ドルは1.3718ドル付近でこじっかり。

<11:24> ドル110円前半、英ポンドは151円後半まで続伸

ドル/円は110.36円付近。仲値前に一時110.43円まで上昇し、9月8日以来の高値を付けた。

株高でリスク選好ムードの中、円が売り戻される格好となっている。

英ポンド/ドルは1.3718ドル付近。 前日は英中銀のタカ派的な見解を受けて1.3750ドルまで上値を伸ばした。 英ポンド/円は151.38円付近で一時151.64円まで上値を伸ばした。 英ポンド高の背景は、 イングランド銀行(英中央銀行)が23日開催した金融政策会合で、年末時点のインフレ率が4%を超え、目標の2%を大きく上回る見通しで、金利上昇の根拠が「強まったもよう」という見解を示したこと。

ドルがきょう110円前半で若干上値が重くなっているのは、英ポンドの強さがドルの伸びしろを小幅なものにしているためと考えられる。

<09:20> ドル110円前半、株高と米長期金利高で堅調

ドルは110.38円付近。前日の海外市場の流れを引き継いで、ドル高傾向となっている。

株高と米長期金利の上昇がドル高を支援している。

リフィニティブによると、米10年国債利回りは、1.4318%付近、前日は1.4370%付近まで上昇し、7月6日以来の高水準に達した。現在も同水準に留まっている。 米長期金利の上昇は、米連邦準備理事会(FRB)テーパリングや利上げに対する姿勢を巡り、債券を売る安心感が広がったことが背景。

<07:43> ドル109.80─110.80円の見通し、東京市場では110円台を維持か

ドル/円は110.27円付近、ユーロ/ドルは1.1742ドル付近、ユーロ/円は129.53円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.80―110.80円、ユーロ/ドルが1.1690─1.1790ドル、ユーロ/円が129.00―130.00円とみられている。

米連邦準備理事会(FRB)は21─22日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、早ければ11月にもテーパリング(量的緩和の縮小)に着手する可能性があるとの見通しを示した。また、その後に続く利上げの時期が予想よりも早まる可能性を示唆した。 FOMCメンバーの政策金利見通しの分布(ドットチャート)では18人の政策担当者のうち9人が、インフレへの対応で2022年に利上げが必要になると表明した。FRBは今年のインフレ率が4.2%と目標の2%の倍以上になるという予想を示した。

ドルはFOMCの結果を受けて22日に109円半ばから、109.90円付近まで上昇したが、米長期金利の反応が限定的だったことで、110円台に定着はしなかった。

しかし、翌23日には、米債利回りが急上昇。FRBが早ければ来年にも利上げを実施する道筋を示したほか、イングランド銀行(英中央銀行)の金利見通しやノルウェー中央銀行の利上げなどを受けたもの。

米長期金利の上昇に反応して、ドルはニューヨーク市場終盤に110.35円まで上昇した。

きょうは「株高が期待される中で、東京市場では110円を割り込むことはないだろう。ただし中国恒大集団を巡る新たな悪材料が出てくれば、リスク回避で109円台もあり得る」(外為アナリスト)との意見が出ていた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up