for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル113.30─114.30円の見通し、日欧の金融政策会合に注目

[東京 28日 ロイター] -

<07:49> ドル113.30─114.30円の見通し、日欧の金融政策会合に注目

きょうの予想レンジはドル/円が113.30―114.30円、ユーロ/ドルが1.1550─1.1650ドル、ユーロ/円が131.60―132.60円付近。

現在、ドル/円は113.83円付近、ユーロ/ドルは1.1603ドル付近、ユーロ/円は132.08円付近で推移している。

前日のNY市場では、ドル/円は一進一退の値動きとなった。カナダ銀行(中央銀行)がタカ派的なスタンスを示したことでボラティリティーが一時的に高まり、ドル/円は弱含む場面もあった。

きょうの外為市場で、ドル/円相場は113円後半を中心にレンジ相場が続くと予想されている。東京時間では、米長期金利や株式市場の動向が強く意識されるとの声が聞かれ、ドル/円は113円半ばでは押し目買いニーズも高いという。

ただ、「114円前半では利益確定売りの圧力も強く、113円半ばから114円近辺での推移が続きそうだ」(上田東短フォレックスの営業推進室長・阪井勇蔵氏)との見方が示された。

きょうは日銀や欧州中央銀行(ECB)の金融政策会合を控えており、特にECB理事会に注目が集まっている。

阪井氏は、日銀の金融政策決定会合は無難に通過すると予想する一方、「ECB理事会で、インフレ圧力が強まる中でタカ派姿勢が示されれば、ユーロ買いが進行する可能性がある」と指摘した。

主なスケジュールでは、国内では日銀の金融政策決定会合の結果発表後、黒田東彦総裁が会見を行う予定。米国では7―9月期国内総生産(GDP)速報値(商務省)、新規失業保険申請件数(労働省)が発表される予定となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up