for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル113.50─115.00円の見通し、上値重い 経済対策に注目

[東京 19日 ロイター] -

<07:50> ドル113.50─115.00円の見通し、上値重い 経済対策に注目

きょうの予想レンジはドル/円が113.50―115.00円、ユーロ/ドルが1.1265─1.1435ドル、ユーロ/円が129.50―130.50円付近。

現在、ドル/円は114.25円付近、ユーロ/ドルは1.1371ドル付近、ユーロ/円は129.90円付近で推移している。

前日のNY市場では、ドルの上昇が一服した。市場ではこのところのドル高が行き過ぎたものだったのか見直す動きが出ている。ドル/円はほぼ横ばい圏での推移となった。

きょうの外為市場でドル/円相場は上値の重い展開が予想されている。米国の利上げについてはだいぶ織り込みが進み、ドルが上値を追うには新たな強い材料が必要との見方が示されている。

楽天証券・FXディーリング部の荒地潤氏は、ドルは114円台を維持しているので、上方向を試す可能性もあるとみている。ただ、114円後半では上値は重く「今は積極的にドルを買うというよりは、(ドルが)下がったところで買う、という押し目買い意欲のほうが強い」と指摘する。

ドルは上値の重い展開が予想されるが、きょう正式に公表される岸田内閣の新たな経済対策を巡り、「株式市場がプラスで反応すれば、リスクオンの円安に傾く可能性もある」(荒地氏)との意見も聞かれた。

主なスケジュールでは、国内では10月全国消費者物価指数(CPI)が公表される予定。海外では、英国で10月小売売上高、ユーロ圏で9月経常収支(ECB)が発表予定となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up