for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル115.00─115.80円の見通し、材料難 月末フローも限定的か

[東京 26日 ロイター] -

<07:51> ドル115.00─115.80円の見通し、材料難 月末フローも限定的か

きょうの予想レンジはドル/円が115.00―115.80円、ユーロ/ドルが1.1170─1.1250ドル、ユーロ/円が128.80―129.60円。

現在、ドル/円は115.33円付近、ユーロ/ドルは1.1209ドル付近、ユーロ/円は129.31円付近で推移している。

25日の欧州市場では、利益確定の動きや持ち高調整の動きでドルは一時的に115.24円近辺まで軟化。その後は115円前半で底堅く推移した。米国市場は感謝祭に伴い休場だった。

きょうの外為市場では、ドルは引き続き115円前半を中心に推移するとみられている。新規材料難から方向感が出にくい。月末絡みの実需によるフローが注目されるが、「米感謝祭の翌日ということもあり、想定よりも多く出ない可能性がある」(上田東短フォレックス・営業推進室長、阪井勇蔵氏)との声が聞かれる。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長再任を受けたドル買いは一服したとみられるほか、来週はFRB高官による講演や米経済指標の発表が相次ぐこともあり、いったん様子見ムードが広がりそうだ。

主なスケジュールでは、10月の豪小売売上高や10月の独輸入物価などが発表される予定。また、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁やデ・ギンドスECB副総裁などの講演が予定されている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up