for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル114.20─115.20円の見通し、上値重い 米金利の動向注視

[東京 13日 ロイター] -

<07:44> ドル114.20─115.20円の見通し、上値重い 米金利の動向注視

きょうの予想レンジはドル/円が114.20―115.20円、ユーロ/ドルが1.1390─1.1490ドル、ユーロ/円が130.70―131.70円付近。

現在、ドル/円は114.66円付近、ユーロ/ドルは1.1440ドル付近、ユーロ/円は131.14円付近で推移している。

前日のニューヨーク市場では、ドル指数が約2カ月ぶり安値を付けた。昨年12月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を上回らず、連邦準備理事会(FRB)の金融政策正常化に向けた動きを加速させるものでなかったことが背景。

きょうの外為市場でドル/円相場は、114円半ばを中心に推移し、上値の重い展開が予想されている。昨日のニューヨーク市場でのドル下落で、ドル/円は9日ぶりに114円台で推移しており、「ドルを買い遅れた人達のドル買いフローが入るかどうか注目される」(上田東短フォレックス・営業企画室長、阪井勇蔵氏)という。

阪井氏は、年初から急激にドルが買われたため、その反動で調整が入ったと指摘する。また、「きょうも時間外取引で米長期金利が低下すれば、ドル/円に下押し圧力がかかりやすい」との声が聞かれた。

ユーロや英ポンドに対してもドルが売られる展開となっており、東京時間でも欧州通貨高・ドル安が進めば、ドル/円に波及する可能性があるとの指摘もあった。

主なスケジュールでは、米国で新規失業保険申請件数(労働省)、12月卸売物価指数(労働省)が公表予定となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up