for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル143.30─144.80円の見通し、上値追いに慎重か

[東京 9日 ロイター] -

<07:50> ドル143.30─144.80円の見通し、上値追いに慎重か

きょうの予想レンジはドル/円が143.30―144.80円、ユーロ/ドルが 0.9930─1.0080ドル、ユーロ/円が143.20―144.70円付近。

現在、ドル/円は143.95円付近、ユーロ/ドルは1.0001ドル付近、ユーロ/円は143.96円付近で推移している。

きょうのドル/円は、米金利や株価の動向をにらみながらの推移となりそうだ。日本当局による円安けん制発言が相次いだことや高値警戒感から「144円台のロングポジション維持には慎重となりそうだ」(国内金融機関)という。週末を控えた持ち高調整や利益確定売りもでやすい。ただ、金融政策の方向性の違いを背景に143円前半では押し目買いに支えれるとみられる。

五・十日に伴い実需のフローが通常よりも活発化しやすい。国内輸入企業によるドル買いが一定程度入るとみられる一方で、国内輸出企業によるドル売りも出やすく、売り買いが交錯しそうだ。

前日のNY市場では、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がインフレ抑制に向けて、利上げを継続する姿勢を示したことから、米金利が上昇。ドル買い/円売りが優勢となった。同市場の終値は144.09/12円だった。

きょうの主なスケジュールでは、海外で8月の中国生産者物価指数(PPI)や消費者物価指数(CPI)、7月の仏鉱工業生産(INSEE)などが発表予定。

このほか、ウォラー米FRB理事とジョージ米カンザスシティー地区連銀総裁が講演するほか、エバンズ米シカゴ地区連銀総裁が会合で開会の辞を述べる予定となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up