for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:午前のドルは小幅安の144円半ば、底堅さ維持

[東京 6日 ロイター] -

<12:08> 午前のドルは小幅安の144円半ば、底堅さ維持 午前の東京外為市場でドル/円は、実需の買いやクロス円を中心とした円安圧力により底堅く推移した。正午時点では、前日のニューヨーク市場終盤時点(144.63/68円)から小幅安の144.59/61円。

ドルは朝方は弱含みで推移。北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射を受けて、リスク回避の円買いがみられた。時間外取引の米長期金利の小幅な低下やユーロ高/ドル安を背景に、じりじりと下落する場面があった。

もっとも、前日の堅調な米経済指標や連邦準備理事会(FRB)当局者のタカ派的な発言を支えにドルは底堅さを維持している。

ステート・ストリート銀行の東京支店・共同支店長、若林徳広氏は「日米金利差の拡大の観点からドル/円は上方向にあるものの、政府・日銀による円買い介入への警戒感から、上昇の勢いは抑えられている」とし、「144円ー145円を中心としたレンジ取引が続いている」との見方を示した。

<09:08> ユーロ0.99ドル前半で底堅い、ドルは144円前半でじり安 ユーロ/ドルは0.9910ドル。前日の海外市場でのユーロ安/ドル高基調から一転し、東京市場ではユーロの買い戻しが優勢となっている。

<09:08> ユーロ0.99ドル前半で底堅い、ドルは144円前半でじり安 ユーロ/ドルは0.9910ドル。前日の海外市場でのユーロ安/ドル高基調から一転し、東京市場ではユーロの買い戻しが優勢となっている。

前日は、堅調な米経済指標を受け米長期金利が上昇。また、9月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値が20カ月ぶりの低水準となり「景気後退懸念を示唆する内容」(国内金融機関)と受け止められ、ユーロの売り圧力が強まった。

ドルは144.42円付近。ドルが対ユーロで弱含んでいる流れが対円にも波及し、じり安となっている。

<07:46> ドル144円半ば、北朝鮮ミサイル発射でリスク回避の円買い ドルは朝方に一時144.48円付近まで弱含んだ。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを2発発射したことを受けて、「リスク回避の円買いがみられた」(国内金融機関)という。足元では144.53円付近で推移している。 韓国軍合同参謀本部は6日朝、北朝鮮が平壌周辺から2発の短距離弾道ミサイルを東岸沖へ発射したと発表した。北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは、ここ12日間で6回目。異例の頻度で試射を繰り返す中、米軍は空母を再び日本海(東海)に展開することを決めた。

<07:40> ドル143.80─145.30円の見通し、上値追いに慎重

きょうの予想レンジはドル/円が143.80―145.30円、ユーロ/ドルが 0.9810─0.9960ドル、ユーロ/円が142.10―143.60円。 現在、ドル/円は144.53円付近、ユーロ/ドルは0.9887ドル付近、ユーロ/円は142.88円付近で推移している。

きょうのドル/円は、米金利や株価の動向をにらみながらの推移となりそうだ。143円台では米金利先高観から押し目買いが入る一方で、145円台では政府・日銀による円買い介入への警戒感から売り圧力が強まりやすい。

市場では「あす発表の米雇用統計の結果を見極めるまでは、144円台を中心とした推移にとどまるのではないか」(国内金融機関)との声が出ており、上値追いには慎重となりそうだ。

前日のニューヨーク市場では、9月の米ADP民間雇用が堅調な内容となったことや9月の米ISM非製造業指数が市場予想が上回ったことを受けて、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げスタンスが続くとの見方が広がった。また、米長期金利が上昇しドルは対主要通貨で上昇、対円では一時144.84円付近まで上昇した。同市場の終値は144.63/68円だった。 きょう国内では日銀支店長会議が開催されるほか、地域経済報告が発表となる。海外では8月の豪貿易収支やユーロ圏小売売上高、週間の新規失業保険申請件数などが発表される。

このほか、クック米FRB理事やウォラー米FRB理事の講演、メスター米クリーブランド地区連銀総裁が金融政策と経済見通しについての講演などが予定されている。中国市場が休場となる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

坂口茉莉子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up