for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル148.00─149.50円の見通し、底堅さ維持 米金利にらみ

[東京 1日 ロイター] -

<07:46> ドル148.00─149.50円の見通し、底堅さ維持 米金利にらみ

きょうの予想レンジはドル/円が148.00―149.50円、ユーロ/ドルが 0.9810─0.9960ドル、ユーロ/円が146.30―147.80円。 現在、ドル/円は148.64円付近、ユーロ/ドルは0.9883ドル付近、ユーロ/円は146.95円付近で推移している。

きょうのドル/円は、米金利や日経平均株価をにらみながら、底堅く推移すると予想される。日米金利差拡大の観点からドルの押し目買い意欲は強く、「イベントを控えて利益確定や持ち高調整の売りが出たとしても148円台は持ちこたえるのではないか」(国内金融機関)との声が聞かれる。一方、149円台に上昇すれば、政府・日銀による円買い介入への警戒感から上値追いには慎重となりやすい。

きょうから2日間の予定で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)や10月の米ISM製造業景況指数の発表を控える中、内容を見極めたいとの見方から、徐々に様子見ムードが広がりそうだ。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)会合では25ベーシスポイント(bp)の利上げが実施されると予想されている。声明文の内容次第では、豪ドルは上下に振れる可能性がある。

前日のニューヨーク市場では、米長期金利の上昇を背景にドル買い/円売りが進行し、一時148.84円付近まで上昇した。同市場の終値は148.71/74円だった。 このほか海外では、10月の財新中国製造業PMIや10月の英製造業PMI、9月の米JOLSなどが発表予定となっている。

全スポットレート(リフィニティブ・データ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(リフィニティブ・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

坂口茉莉子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up