February 26, 2019 / 6:33 AM / in 20 days

ドル110円後半、年初来高値から反落

[東京 26日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅安の110円後半。前日海外市場で年初来高値を更新した勢いは続かず、アジア株が伸び悩む中で上値の重い展開となった。

 2月26日、午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅安の110円後半。前日海外市場で年初来高値を更新した勢いは続かず、アジア株が伸び悩む中で上値の重い展開となった。写真は日本円紙幣と米ドル紙幣。2011年8月に撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

東京市場のドル/円は売りが優勢だった。朝方はプラス圏だった日経平均がマイナス圏へ反落、前日大幅高だった中国株も小動きにとどまったことなどから、前日海外で強まった円売りは一服。ドルは一時110.75円まで下落した。

前日海外では米中通商協議への期待感から、円が全面安。一時111.24円と昨年12月27日以来2カ月ぶり高値をつけた。

東京市場で目立ったのは英ポンド。日本時間の朝方、メイ首相は合意のない欧州連合(EU)離脱を回避するため、離脱期限の延期を検討しているとブルームバーグが報じた。また英紙サンも、メイ首相は正式に「合意なき離脱」の選択肢を排除する提案を行うことで、離脱日延期に道を開く見通しだと伝えていた。

ポンドは朝方の144円後半から一時146円台へ上昇。昨年11月以来3カ月ぶり高値をつけた。

市場では「中長期の不透明感を抱えたポンドを、本気で買う人はまだいないはず。ただ、今は上げ局面なので、短期筋が買っては利食うパターンを繰り返している。買い回転が奏功してポンド高になっているのが実情」(FX会社)との指摘があった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.77/79 1.1357/61 125.83/87

午前9時現在 111.03/05 1.1361/65 126.18/22

NY午後5時 111.06/07 1.1358/60 126.11/15

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below