April 2, 2019 / 6:53 AM / 22 days ago

ドル111円前半、株伸び悩みと米金利低下でもみ合い

[東京 2日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円前半。昨日の海外市場でドルが買われた流れを引き継いで、早朝の取引でドルは111円半ばの高値をつけた。しかし、その後、株が上げ幅を縮小し、米長期金利が低下したことで、ドルは上方向の視界が開けず、111円前半でもみ合いとなった。

 4月2日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円前半。写真は日本円紙幣と米ドル紙幣。2017年6月に撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

ドルは午前6時台の取引で一時111.46円まで上値を伸ばした。しかし、その後は、日経平均の上げ幅縮小や米長期金利の低下で、チャート上の200日移動平均線(111.47/48円)を上抜けできず、反落に転じた。

米10年国債利回りは午後3時時点で2.4741/4724%の気配。同利回りは前日のニューヨーク市場で一時2.50%と1週間ぶりの高水準をつけていた。

市場では、「(昨日発表の)米小売のデータがかなり弱く、米長期金利も低下し、ドル買いに積極的になりにくい」(外為アナリスト)との声も聞かれた。

2月の米小売売上高は前月比0.2%減と、市場予想の0.3%増に反してマイナスに転じた。自動車やガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数は前月比0.2%減だった。

また、市場の一部では、日米貿易交渉に関する報道が話題となっていた。

茂木敏充経済再生担当相は2日の閣議後の記者会見で、日本と米国の新たな貿易交渉について4月にも米国で開催されるとの見通しを示した。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)はきょうの政策理事会でキャッシュレートを1.5%に据え置くことを決定した。

豪ドルAUD=D4は0.7081米ドル付近。豪中銀理事会を経て、0.7110米ドル付近から、現行水準まで軟化した。中銀の声明文は市場予想通りハト派的なニュアンスが強いと受け止められ、若干の豪ドル売りにつながっているもようだ。

理事会は声明文で、経済の持続的成長を支え長期的にインフレ目標を達成するため、引き続き状況を監視し金融政策を設定していくとした。

午前6時過ぎの取引で、英ポンドGBP=D4は1.3030ドルまで急落した。英議会で1日、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案の代替案が否決されたことが原因。 市場では4月12日の合意なき離脱への懸念が高まっている。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 111.33/35 1.1205/09 124.77/81

午前9時現在 111.44/46 1.1203/07 124.86/90

NY午後5時 111.34/37 1.1212/14 124.84/88

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below