January 22, 2018 / 6:52 AM / 9 months ago

ドル110円後半、調整主体 米つなぎ予算案の採決見極め

[東京 22日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の110円後半だった。朝方はポジション調整のドル買い戻しで上昇したが、米連邦政府機関の一部閉鎖が意識され、上値追い機運も盛り上がらなかった。

 1月22日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の110円後半だった。朝方はポジション調整のドル買い戻しで上昇したが、米連邦政府機関の一部閉鎖が意識され、上値追い機運も盛り上がらなかった。写真は2016年11月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

米政府機関の一部閉鎖報道を受け、ドルのセンチメントが悪化。早朝の為替市場ではユーロが1.2275ドル付近へ上昇し、ドルは110.51円まで下落した。

ただ、先週110円割れを回避したこともあり、短期筋などの下値攻めはこれまでにトーンダウンしている。午後2時半頃にかけてドルに買い戻しが入り、110.89円まで上昇した。

ユーロ/ドルにおける利益確定のユーロ売り/ドル買いも、ドル/円の下値を支えたという。

きょうは総じてポジション調整が主体の取引だという。米上院が、つなぎ予算案の採決に進むために必要な動議の採決を日本時間23日午前2時に延期し、様子見ムードを誘う一因となった。東京は雪も強まってきており、「実需筋も早じまいしそう。短期筋の仕掛け的な動きもみられないだろう」(国内金融機関)との声が出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.78/80 1.2229/33 135.49/53

午前9時現在 110.68/70 1.2254/58 135.64/68

NY午後5時 110.76/79 1.2220/23 135.41/45

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below