March 19, 2018 / 6:45 AM / 4 months ago

ドル105円後半、日米政治不安でリスク回避的円買い

[東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の105円後半。トランプ米大統領の求心力や政権の安定性に対する不安に加え、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する参院予算委員会での安倍首相の発言などを巡りリスク回避ムードが広がる中、円高気味の展開となった。

 3月19日、午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の105円後半。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ドルは朝方の高値106.15円から仲値公示を経て105.74円に下落。その後も弱含みの展開となり105.68円まで下押しした。ユーロ/円も朝方の高値130.29円から129.64円まで下落するなど、クロス円での円高も目立った。

国会での安倍首相の発言は、為替相場に直接的な影響を及ぼしていないが、市場では「安倍政権の支持率の低下とともに、自民党の分裂もより明確になっていくだろう。自民党にずっとやらせておけば安泰というような世論も後退していくとみている」(機関投資家)との意見が出ていた。

安倍首相は19日の参院予算委員会で、「森友学園」への国有地売却に自身や昭恵夫人の関与があれば議員辞職するとした昨年2月の国会答弁が、改ざんの原因になったとの見方を否定した。文書改ざんに関し、「そもそも(財務省)理財局内の決裁文書の存在すらも知らない。指示のしようがない」と述べた。

また、「国民の信頼を揺るがす事態だと承知しており、厳しい目が向けられていることを真摯に受け止めている」と述べ、「なぜ改ざんされたのか、しっかり解明する責任が私にはある」と語った。

市場では、週末に報道各社がまとめた世論調査で安倍政権の支持率が軒並み急低下したことを手がかりとして挙げる声が出ている。共同通信によると、政権支持率は3─4日の前回調査から9ポイント低下して38%へ落ち込み、不支持率は9ポイント上昇の48%と支持率を上回った。

その他の社でも、朝日が31%と前回比13%ポイント減、毎日も33%と同12%ポイントの大幅減だった。「問題は予想以上に長期化しそうだ。(アベノミクス減速懸念による)円高リスクが高まってきた」(国内金融機関)という。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 105.73/75 1.2259/63 129.64/68

午前9時現在 105.95/97 1.2278/82 130.12/16

NY午後5時 106.00/03 1.2287/91 130.24/28

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below