July 3, 2018 / 6:55 AM / 3 months ago

ドル110円後半、株にらみ方向性出ず

[東京 3日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の110円後半だった。午後、日経平均が下げ幅を縮小し、上海総合株価指数がプラス転換するとリスク選好的に円売りの流れとなった。

 7月3日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の110円後半だった。午後、日経平均が下げ幅を縮小し、上海総合株価指数がプラス転換するとリスク選好的に円売りの流れとなった。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

正午以降のドルは110.80円台で膠着していたが、日中株価の動向をにらんで円が売られ、111円ちょうどまで上昇した。ただ、午前中、高値をつけた後に失速したこともあり、それ以上の上値追いには慎重な姿勢もみられた。

きょうは米国の株式市場が独立記念日の前日で短縮取引となる。海外時間は次第に動意が乏しくなる可能性も指摘されている。

米中の貿易戦争懸念は残るものの、トランプ米政権は米国のハイテク技術獲得に対し、中国に特化して制限を課すのは避ける見通し。[nL4N1TT4MO]そのため、米国の対中制裁関税についても「(発動するとしている)7月6日に向けて米国の態度が軟化する可能性も捨て切れない」(邦銀)との声が出ている。

米国が6日に関税を発動したとしても、不透明感が解消されることでドル/円は緩やかに上昇するのではないかとの見方も出ていた。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が午後発表した政策金利のオフィシャルキャッシュレートは予想通りの据え置きで、豪ドルの動きは限定的だった。

<午前のドルは1カ月半ぶり高値>

午前のドルは、海外市場で買われた流れを引き継ぎ一時111.14円まで上昇。5月22日以来1カ月半ぶり高値を更新した。

ただ、日本や中国、香港などアジア各国で株価が下げ幅を拡大すると円が買われ、昼にかけてドルは上げ幅を縮小し110円後半へ反落した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.97/99 1.1636/40 129.14/18

午前9時現在 110.87/89 1.1639/43 129.01/11

NY午後5時 110.89/90 1.1639/42 129.06/10

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below