July 19, 2018 / 6:33 AM / 5 months ago

ドル112円後半、上昇一服

[東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の112円後半。半年ぶり高値を付けた前日の夕方以降は上昇が一服、もみあいが続いた。

 7月19日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の112円後半。半年ぶり高値を付けた前日の夕方以降は上昇が一服、もみあいが続いた。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

東京市場のドルは、112円半ばから後半の狭いレンジ内で小動きに終始した。この日はアジア株も前日終値付近で上下まちまちとなり、手掛かりに乏しかった。

アジア市場で動きが目立ったのは豪ドル。6月就業者数が前月比5万0900人増と予想の1万7000人増を大きく上回ったことで、0.73ドル後半から0.74ドル半ばまで一気に上昇。対円でも83円前半から後半へ買われた。

対豪ドルで米ドルが急速に売られたことも、ドル/円の上値を抑える一因となった。

前日に1年ぶり安値をつけた中国人民元は対ドルで続落。6.74元台へ一段安となった。「きょうの基準値が市場予想より元安だったうえ、心理的節目だった6.70元も超えたことで、元売りが出やすくなった」(外銀)という。

市場では米中貿易戦争の対抗措置として、中国が人民元相場を切り下げる可能性があるとの観測が出回っている。

日銀はきょう午前の国債買い入れオペで、残存10年超25年以下と残存25年超の買入額をそれぞれ100億円減額すると通告した。市場では日銀の政策変更を想定する声はほとんどなく、円相場の反応もなかった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 112.78/80 1.1638/42 131.28/32

午前9時現在 112.79/81 1.1643/47 131.34/38

NY午後5時 112.83/88 1.1638/39 131.32/36

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below