December 14, 2018 / 6:59 AM / a month ago

訂正:ドル113円半ば、株安にらんで上値重い

[東京 14日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の113円半ばだった。午前は実需筋のドル売り/円買いが観測されたほか、日経平均の大幅反落や中国株安が下押し圧力を強めた。午後は材料に乏しく、113.40円台を中心に小動きが続いた。

 12月14日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の113円半ばだった。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ドルは朝方から仲値公示付近にかけて113.50─60円台で推移した。きょうは実質的な五・十日で、序盤は輸入企業のドル買い/円売りが支えとなったが、買い一巡後は輸出勢のドル売り/円買いが優勢となった。

日経平均が下げ幅を400円超に拡大する中、午前11時頃に発表された中国の小売売上高、鉱工業生産が予想を下回る内容となった。米長期金利の低下も重なり、ドルは一時113.42円まで下落した。ただ、それ以上は下げの勢いが強まらず、午後3時にかけて次の材料待ちとなった。

<ボラティリティーは4年ぶり低水準>

朝方に日銀が発表した12月全国企業短期経済観測調査(短観)よると、大企業・製造業の業況判断DIはプラス19となった。事前予想のプラス17を小幅に上回ったが、相場に目立った反応はなかった。

市場では、通貨オプション市場におけるドル/円のインプライド・ボラティリティー(予想変動率)の低下が話題となっていた。ロイターデータによると、1カ月物JPY1MO=は5.5%と、2014年8月以来の低水準。「日銀の政策変更への期待や懸念は全くない。現在のテーマはユーロ、英ポンド、人民元で、ドル/円は投資対象外となっている」(国内金融機関)との声が出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 113.45/47 1.1357/61 128.89/93(訂正)

午前9時現在 113.56/58 1.1361/65 129.04/08

NY午後5時 113.62/65 1.1361/66 129.03/07

*表中の午後3時の「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」の数値を訂正します。

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below