December 19, 2018 / 6:37 AM / a month ago

ドル112円前半でじり安、FOMCの結果待ち

[東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の112円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、様子見ムードが広がる中、ドルは112円半ばから112.18円まで下落し、2カ月ぶり安値を更新した。

 12月19日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の112円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、様子見ムードが広がる中、ドルは112円半ばから112.18円まで下落し、2カ月ぶり安値を更新した。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ドルは早朝に112.60円の高値をつけたあと、さえない株価を眺めつつじり安の展開となった。日経平均が前日比200円安へ下げ幅を広げると、外為市場では円が上昇。ドルは112円半ばから112.18円まで下落し、10月29日以来2カ月ぶり安値を更新した。

一方、米10年国債利回りUS10YT=RRは一時2.7990%と、5月30日以来、7カ月ぶり水準まで低下した。米長期金利低下でドルの上値の重さが意識された。市場では米2年債利回りが前日、2.65%台と今年9月以来3カ月ぶり水準へ低下してきたことも、ドルの重しとして話題となった。

今回のFOMCでは、トランプ大統領のあからさまな利上げけん制や、不安定さを増す米国株を横目に、米連邦準備理事会(FRB)が淡々と利上げできるか、来年の利上げ休止を示唆するかに関心が集まる。

トランプ米大統領は18日、ツイッターでFOMCメンバーに対し「新たな過ち」を犯さず「市場をこれ以上流動性に乏しい状態にしないでほしい」と投稿した。大統領がFOMC開催中にけん制メッセージを出すのは異例。

前日の米国株式市場ではS&P500がほぼ横ばいで取引を終える一方で、ダウとナスダックは小反発した。しかし、FOMCの結果を前に、不安定な値動きとなった。

米財務省が17日に公表したデータによると、外国人投資家は米国株を10月に222億ドル相当売り越した。9月は169億ドル、8月も同じく169億ドルの売り越しで、3カ月間の累計売り越し規模は560億ドルに上る。

現在のドル/円相場で円換算すると、累計売り越し額は約6.3兆円となる。

「米国株の底打ち感が出ないなかで、FRBも来年の利上げについて語ることができないだろう」(運用会社)との見方がでている。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 112.34/36 1.1385/89 127.93/97

午前9時現在 112.51/53 1.1374/78 127.99/03

NY午後5時 112.51/54 1.1361/62 127.82/86

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below