January 24, 2020 / 7:07 AM / a month ago

ドル2週間ぶり安値から反発後に失速

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円半ば。前日の海外市場でつけた2週間ぶり安値からは反発したものの、新型肺炎の感染者の拡大や中国株の下落、米長期金利の低下などにより、反発は早々と失速した。

 1月24日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円半ば。写真は2013年2月撮影(2020年 ロイター/SHOHEI MIYANO)

市場の注目は引き続き、新型肺炎の影響の広がり。BBCは英北部スコットランドで5人が新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして検査が行われていると報じた。この5人は最近、発生源とされる中国湖北省武漢市を訪れていたという。

ドルは朝方の取引で実需の買いを背景に109.57円まで上昇したが、買い一巡後は上値追いに慎重な参加者がほとんどだった。

前日の海外市場でドルは2週間ぶりの安値109.26円まで下落。これに先立ってユーロ/円が120.62円まで下落し2週間ぶりの安値をつけている。

ユーロ/円の下落は、新型肺炎の感染者拡大に加え、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が理事会後に開いた会見でハト派的な発言をしたことが背景。

スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会で、トランプ大統領はドル高けん制などはしなかったものの、EUと通商を巡る合意が得られなければ米国はEUの自動車に高税率の関税を課すと表明した。

トランプ氏は「選挙のことしか眼中にない」(外国銀)とされる中、23日に公表されたロイター/イプソスの世論調査によると、民主党の候補指名争いではバイデン前副大統領が24%の支持率でトップに立っている。サンダース上院議員は20%、ウォーレン上院議員は12%。[nL4N29T039]

ドル安にもかかわらず、ユーロは1.10ドル半ばで小幅な値動きに終始し、ユーロは強さを発揮できなかった。

市場では「前日は英国のEU(欧州連合)離脱関連法案が成立したことでポンドに買い戻しが入り、ユーロ/ポンドが下落している。対ポンドでのユーロ安がユーロ/ドルの上値を抑えている」(FX会社)との見方が出ていた。

EU離脱の実現に向けた関連法案の成立によって、英国は1月31日2300GMT(日本時間2月1日午前8時)にEUを離脱することになる。焦点は、離脱後11カ月の移行期間の間に、英国がEUとの間で通商合意や様々な包括的合意をまとめることができるかに移る。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.53/55 1.1046/50 121.02/06

午前9時現在 109.55/57 1.1053/57 121.11/15

NY午後5時 109.48/50 1.1052/56 121.03/07

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below