Reuters logo
ドル109円前半、ジャクソンホール待ち
2017年8月24日 / 06:38 / 3ヶ月後

ドル109円前半、ジャクソンホール待ち

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の109円前半。午前の取引では、米ジャクソンホールでの経済シンポジウムを前に模様眺めの姿勢が広がるなか、国内勢の買いを支えにじり高で推移した。ただ、午後に入ると調整売りが先行し、109円の前半でじり安となった。

 8月24日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の109円前半。午前の取引では、米ジャクソンホールでの経済シンポジウムを前に模様眺めの姿勢が広がるなか、国内勢の買いを支えにじり高で推移した。写真は都内で2011年8月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

朝方の取引では、トランプ米大統領が前日、政府機関の閉鎖が必要になってもメキシコ国境に壁を建設するなどと発言し、ドルが売られた流れを受けて、ドルは一時108.85円に下落。ただ、その後は小安く寄り付いた日経平均が下げ幅を縮めるのを眺めつつ、じりじりと持ち直して109円を回復した。しかし、午後に入るとドル買いは失速した。

きょうから始まるジャクソンホールでの経済シンポジウムについては「米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は中立的な発言をするのではないか」(FX会社)との見方が聞かれた。

ただ、昨年の同シンポジウムでは、同氏が中立的な発言をしたにもかかわらず市場がタカ派寄りと解釈した経緯があり、「今回も同様の反応を市場が示す可能性がある」(同)という。

債券市場では、米国の債務上限が、資金手当てができているとされる9月末までに引き上げられない可能性に対する懸念が広がっている。この懸念が、安全資産としての米国債への資金流入を促し、米長期金利の上値を抑えている。

フィッチ・レーティングスは23日、米連邦債務上限が適時に引き上げられなければ、同国の「AAA」格付けを見直す可能性を指摘した。

午後3時時点の米10年債利回りは2.175/2.173%の気配で前日ニューヨーク終盤より若干上昇している。

「債務上限問題は、民主党と共和党の間の政争の具としてこれまで使われてきたが、大統領に対する信任が低下している状況の下、以前に比べてリスクが増しており、市場に波紋をもたらすかもしれない」とマーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表、亀井幸一郎氏は話している。

ユーロは1.18ドルを挟んで底堅い値動きを見せた。

ユーロは前日、ユーロ圏やドイツの製造業PMIなどの経済指標が市場予想を上回ったことを受けて1.18ドルを回復したが、「トランプ大統領への警戒感によるドル売りがユーロを押し上げた面が大きい」(国内金融機関)との指摘も聞かれた。

あすは北朝鮮の記念日のため、地政学リスクへの警戒感もくすぶる。

        ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.09/11 1.1803/07 128.77/81

午前9時現在 108.89/91 1.1814/18 128.64/68

NY午後5時 109.02/05 1.1805/10 128.73/77

為替マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below