May 30, 2018 / 6:41 AM / 21 days ago

ドル108円後半、イタリア政局不安で上値重い

[東京 30日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の108円後半だった。イタリアの政局混迷でリスク回避ムードが漂う中、日経平均が大幅に下落。ドル/円の上値も重かった。

 5月30日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の108円後半だった。イタリアの政局混迷でリスク回避ムードが漂う中、日経平均が大幅に下落。ドル/円の上値も重かった。写真は2月撮影(2018年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

午後のドル/円は108.50─70円台を中心に方向感なく推移した。イタリアの政局や米中通商問題、米朝首脳会談などの注目材料は次の動きを見守る状況となった。

イタリアから悪材料が出れば、同国の国債が売られ、ドイツや米国の国債が買われやすい。米金利低下を通じてドル/円には下押し圧力がかかる。いったん108円ちょうど付近が下値めどになるとの見方が出ていた。

午後のユーロ/円は125.10─40円台を中心に小動きが続いた後、午後3時前にユーロ買いが強まった。

<午前のドル/円は方向性出ず>

午前のドル/円は108.30─70円台で方向性が出なかった。株安が上値を抑えた一方、米長期金利が反発し、下値リスクも限定された。

ユーロは対円で一時124.98円まで、対ドルで1.1519ドルまで下落したが、いずれも前日に付けた11カ月ぶりの安値を更新するには至らなかった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 108.68/70 1.1555/59 125.60/64

午前9時現在 108.39/41 1.1535/39 125.05/09

NY午後5時 108.75/78 1.1538/42 125.49/53  

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below