August 27, 2018 / 6:54 AM / a month ago

ドル111円前半、豪ドル/円が2週間ぶり高値

[東京 27日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円高の111円前半。円は海外市場で売られた反動でやや買い戻しが強まったが、主要通貨の値動きは緩慢だった。前週に政治的不透明感から売られた豪ドルは反発した。

 8月27日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円高の111円前半。円は海外市場で売られた反動でやや買い戻しが強まったが、主要通貨の値動きは緩慢だった。前週に政治的不透明感から売られた豪ドルは反発した。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

週明けのドルは朝方の111円前半から正午前に110.93円まで下落。短期筋の円買い戻しが主導したもよう。市場では、朝方の薄商い下で129.68円と3週間半ぶり高値まで「強引に吊り上げる」(外為アナリスト)形で買われたユーロ/円の反落が響いたとの指摘があった。ユーロは128.97円まで売られた。

主要通貨の値動きが鈍る中、目立ったのは豪ドル/円AUDJPY=R。81円前半と与党自由党の党首選に関する不透明感で80円半ばへ急落した前週の下げ幅は早々に埋まり、10日以来2週間ぶり高値を奪回した。

豪ドル反発の主因はターンブル氏と対立していたダットン氏が敗れ、大きな政策変更はないとの安ど感が台頭したこと。前週末のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演がハト派的だったこと、株価や商品相場が反発したことなども支えになったという。豪ドルは前週末24日、主要通貨間で最も強かった。

中国人民銀行(中央銀行)が24日、人民元の売買基準となる為替レート「基準値(中間値)」の設定方法を調整していると発表したことも話題だった。基準値算出に「カウンターシクリカル(反景気循環)な要素」を再導入することで、人民元は妥当で均衡した水準で安定するとした。

市場ではこの措置は、米中貿易戦争が激化する中で「人民元安を抑制する狙いがある」(外銀)との見方が大勢で、人民元は中銀の発表後急伸した。この日はスポット市場CNY=CFXSで8日以来の2週間半ぶり、オフショア市場CNH=D3では7月31日以来1カ月ぶり高値をつけた。人民元の急落に歯止めがかかれば、経済関係の深い豪州への影響も比較的軽微にとどまるとの見方だ。

一方、豪州で27日に公表された世論調査によると、自由党を含む与党保守連合と野党労働党の支持率は44%対56%となり、2週間前の49%対51%から労働党のリードが拡大した。

次の総選挙は来年5月の予定だが、市場では与党は「早ければ10月」(別の外銀)にも解散に追い込まれる可能性があるとの観測も出ている。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 111.01/03 1.1616/20 128.97/01

午前9時現在 111.28/30 1.1643/47 129.59/63

NY午後5時 111.22/25 1.1621/25 129.26/30

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below