September 14, 2018 / 7:16 AM / 2 months ago

ドルは111円後半、112円台に定着はできず

[東京 14日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル安/円高の111円後半。海外市場で円が売られた流れを引き継いで、ドルは一時112.08円と1カ月半ぶり高値に乗せたが、112円台では実需の売りなどに行く手を阻まれ、112円を維持することはできなかった。

 9月14日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル安/円高の111円後半。海外市場で円が売られた流れを引き継いで、ドルは一時112.08円と1カ月半ぶり高値に乗せたが、112円台では実需の売りなどに行く手を阻まれ、112円を維持することはできなかった。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

市場ではトルコの大幅利上げや、株高が円安地合いを後押ししているとの声が出ていた。ユーロも一時131.03円まで買われ、同じく8月1日以来1カ月半ぶり高値をつけた。しかし、午後には円売りの勢いは後退。ドル/円では112.10円から112.30円に並んだ実需の売りが上値を抑えた。

ユーロは1.17ドル手前で堅調。前日の取引では1.1701ドルまで上昇し、約2週間ぶりに1.17ドル台に乗せた。

前日のユーロ高の背景について「ECBのドラギ総裁の発言内容というよりは、米国のCPIが予想を下回る伸びとなってドル安になったことがユーロ買いに拍車をかけた」(FX会社)との指摘が出ていた。弱い米物価指標が米国の利上げペースに影響を及ぼすことへの警戒感が広がり、ドル売り/ユーロ買いを誘発したという。

米労働省が13日発表した8月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は総合指数が前月比0.2%上昇し、市場予想の0.3%上昇を下回った。

午後3時過ぎのトルコリラTRYJPY=Rは18.40円付近で堅調。

トルコ中銀は前日、6.25%の大幅利上げを実施。エルドアン大統領が中銀の発表直前、中銀がインフレに対し「誤った措置」をとったと批判したことで、リラはいったん17円半ばから16円後半へ下落したが、利上げを受けて買いが勢いづいた。

「前日はリラ/円のショートを踏みあげられた参加者も多く、リラの買い戻しに弾みがついた」(FX会社)という。

ただ、トルコリラが本格的に安定するには「経常収支赤字の圧縮とインフレの抑制が必要で、前日の利上げでもまだ十分とは言えない」(同)との意見が出ていた。

FX取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所によると、リラの買い越し幅は、きょう早朝時点で15万枚後半と前日から増加し、8月29日以来2週間半ぶり高水準となった。ただ増加幅はわずかで、個人投資家の間では「売買が激しく交錯していた」(証拠金関係者)という。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 111.86/88 1.1691/95 130.80/84

午前9時現在 112.01/03 1.1689/93 130.96/00

NY午後5時 111.92/93 1.1688/92 130.83/87

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below