October 1, 2018 / 6:24 AM / 2 months ago

ドル一時113.96円、11カ月ぶり高値

[東京 1日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の113円後半。一時113.96円まで上昇し、昨年11月9日以来11カ月ぶり高値を更新した。

 10月1日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の113円後半。一時113.96円まで上昇し、昨年11月9日以来11カ月ぶり高値を更新した。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

前週末海外で買われた流れを引き継ぎ、ドルは週明け東京市場でも堅調。月初・期初に伴う買いで強含んだほか、原油や米長期金利の上昇も支援材料になったという。

ドルはテクニカル的にも200週移動平均線を上抜けており、114円乗せが間近に迫ってきた。

ただ、114円台に乗せても上値追いは簡単ではなさそうだ。ドルは昨年3月に115円台を割り込んで以降、5月に114.38円、7月に114.49円、10月に114.45円と幾度も114円半ば突破に失敗。11月にようやく114.73円と瞬間的に上抜けたが、その後今年3月にかけて104円台へ大幅反落する起点となってしまった。

一段高を期待する声は増えているものの、「昨年11月高値を上抜けない限り、最近の取引レンジが切り上がったことにはならない」(トレーダー)という。

週明けの取引で値動きが目立ったのはカナダドル。米国と北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で合意したことが手がかり。

加では28日発表の7月国内総生産(GDP)が予想を上回る前月比0.2%増だったことも話題。海外市場で急伸した流れが勢いづき、対米ドルで一時1.28加ドル前半と4カ月ぶり高値をつけた。対円でも88円後半と8カ月ぶり高値をつけた。

米株先物はアジア時間の取引で0.5%上昇。市場では、交渉期限ぎりぎりだった米加の合意が、円安を含む「リスクオンムードにつながった」(外銀)との指摘もあった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 113.90/92 1.1586/90 132.00/04

午前9時現在 113.78/80 1.1603/07 132.05/09

NY午後5時 113.68/71 1.1608/10 131.91/95

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below