October 18, 2018 / 7:01 AM / a month ago

ドル112円半ば、トルコリラは暴落前の水準回復

[東京 18日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の112円半ば。海外市場でドルが上昇した流れを受けて、112.74円まで上値を伸ばし、1週間ぶりの高値を付けたが、その後は戻り売りに押されて小幅に反落した。

 10月18日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の112円半ば。海外市場でドルが上昇した流れを受けて、112.74円まで上値を伸ばし、1週間ぶりの高値を付けたが、その後は戻り売りに押されて小幅に反落した。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ドルは早朝の取引で112.74円まで上昇した後、いったん反落したが、仲値公示にかけて再び112.73円まで反発した。米金利上昇に伴うドル買いに加え、米財務省が発表した為替報告書で、日本に関する記述が一見穏やかだったことも、円の下落圧力となった。

ただ、この日のアジア株式市場は海外の流れを引き継ぎ軒並み安。円が大きく売られることもなかった。

米財務省が17日に発表した為替報告書では、金融市場で注目されていた中国の「為替操作国」認定は見送られたが、同省は中国への警戒感をあらわにした。

また、今回の報告書は、米韓自由貿易協定、および米・メキシコ・カナダ貿易協定(USMCA)に付帯された為替条項が、不公正な為替慣行を回避したり為替関連情報の透明性向上に有益であると評価。同様のコンセプトが今後の米国との貿易協定に盛り込まれることが適切との見解を示し、為替条項の汎用性をアピールした。

報告書では円相場について「実質実効ベースでは相対的に安定しており、2013年前半以来の歴史的な安値圏でもみあっている」と指摘した。

新興国通貨では、トルコリラTRYJPY=Rが前日急進した勢いを引き継ぎ、現在20円付近。2カ月ぶり高値圏を堅調に推移している。

ロイターデータによると、リラは海外市場で20円前半まで上昇。トランプ米大統領が関税発動を表明して暴落した8月10日の水準をようやく回復した。

きっかけはポンペオ米国務長官が、経済制裁に関して近く決定を下すと明らかにしたこと。トルコの裁判所は12日、テロ関連の罪で有罪判決を受け拘束されていた米国人牧師を釈放する決定を下しており、市場では両国の関係改善に期待が高まっている。「対米関係が改善すれば、資本の再流入が見込める」(外銀)という。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 112.47/49 1.1489/93 129.24/28

午前9時現在 112.61/63 1.1499/03 129.52/56

NY午後5時 112.64/66 1.1499/03 129.53/57

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below