December 25, 2018 / 6:20 AM / 21 days ago

ドル110円付近、4カ月ぶり安値 円高リスクが表面化

[東京 25日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の110円付近。ドルは仲値前に110.05円まで下落したが、その後は日経平均が前営業日比で1000円を超える下げ幅となったものの下げ渋った。しかし、午後3時にかけてドルは110円ちょうどまで下落し、4ヵ月ぶり安値を更新した。

 12月25日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の110円付近。写真は米ドル紙幣。ブタペストで2011年8月に撮影(2018年 ロイター/Bernadett Szabo)

ドルは午前9時前に110.46円と高値をつけたあと仲値にかけて反落。110.05円まで下落した。その後は日経平均が大幅安になったにも関わらず、いったん持ち直したが、日経平均の引けにかけて心理的節目の110円ちょうどまで下落した。

110円を下回ると主なテクニカルサポートが見当たらないため、108円台までの下げが現実味を帯びるという。「これまではドル安だったが、ここからは円高がメインテーマとなりそうだ」(FX会社)。

市場では、23日のムニューシン財務長官と大手米銀トップの電話協議について、「なんの目的で協議したのか、わからない」(外銀)との声が複数聞かれた。

米国株式相場が下落する中、ムニューシン米財務長官は23日、大手米銀トップと電話協議を行った。同米銀のCEOらは貸し出しに充てる潤沢な流動性があることを確認した。

市場では「米銀にはなんら流動性問題がないなか、株安を止めたいというトランプ大統領の意向を受けて、ムニューシン長官が動いたのではないか」(前出の外銀)という。

財務省によると、ムニューシン長官は24日にも、金融市場に関する大統領の作業部会で、金融監督当局者で構成する「プランジ・プロテクション・チーム」の電話会議を行う。

「危機でもないのに、当局が危機時の対応を進めていることで、米国株はますます底入れから遠ざかってしまうだろう」(邦銀)との意見が聞かれた。

「米国株の厚化粧が剥げ落ちたことで、トランプ政権の厚化粧もまた溶解してきている」(同)という。

トランプ氏は24日、自国経済が抱える唯一の問題が米連邦準備理事会(FRB)であるとの認識を示した。同氏はツイッターで「FRBは市場感覚に対する認識がない」とし、貿易戦争や強いドル、壁を巡る政府機関閉鎖について理解していないと指摘した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.00/01 1.1412/16 125.59/63

午前9時現在 110.30/32 1.1400/04 125.77/82

NY午後5時 110.43/47 1.1399/00 126.02/06

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below