January 21, 2019 / 6:15 AM / 5 months ago

ドル109円半ば、年初来高値から小幅反落

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の109円半ば。前週末海外市場でつけた年初来高値から小幅に反落した水準でもみあいとなった。きょうは米国がキング牧師生誕記念日で休場となるため、取引量も少なめだったという。

 1月21日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の109円半ば。前週末海外市場でつけた年初来高値から小幅に反落した水準でもみあいとなった。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

週明けのドルは109円半ばで一進一退となった。18日海外では、中国が米国からの輸入を1兆ドル増やし、貿易黒字を2024年までにゼロにする方向を模索しているとブルームバーグ伝えたことを受けて、ドルが広範に上昇。一時109.89円と昨年12月31日以来半月ぶり高値を更新した。

週明け後も同報道は市場で話題となったが、懐疑的な見方も根強く、ドルの一段高にはつながらなかった。

野村証券シニア金利ストラテジストの中島武信氏は「実際に輸入拡大が決定されるかは未知数。中国が他地域からの輸入を米からの輸入にシフトさせるのであれば、他地域景気が悪化する可能性もある。さらに中国が輸入拡大の意向でも、米の供給力が追い付かなければ実現できない」と指摘している。

中国でこの日発表された第4・四半期国内総生産(GDP)は、市場予想通り前年比6.4%増。09年第1・四半期以来の低さだった。12月の各指標は鉱工業生産が予想を上回った一方、固定資産投資が予想に届かなかった。

中国株は政策期待を背景に小幅高となったものの、主要通貨に目立った反応はなかった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.54/56 1.1375/79 124.63/67

午前9時現在 109.66/68 1.1363/67 124.63/67

NY午後5時 109.76/79 1.1361/65 124.72/76

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below