February 4, 2019 / 6:30 AM / in 8 months

ドル109円後半、1週間ぶり高値

 2月4日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円後半。アジア株が堅調で円が弱含む流れが続き、ドルは1週間ぶり高値をつけた。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 4日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円後半。アジア株が堅調で円が弱含む流れが続き、ドルは1週間ぶり高値をつけた。

109円半ばで取引が始まった週明けのドルは、予想を上回る1月米雇用統計でドル買いと円売りが同時に進んだ流れを引き継ぐ形で、午後にかけて底堅い動きが継続。一時109.79円まで上昇し、1月25日以来1週間ぶり高値を更新した。

前週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後にドルは108円台へ下落した。その直後に切り返しへ転じたため「ドルを売り込んでいた参加者が(反発で)多くつかまっている」(FX関係者)といい、109円半ばより上値では、損失確定のドル買い戻しを迫られる動きもあったようだ。

株高が支えとなり、円は総じて軟調。原油高で上昇ピッチが勢いづいているカナダドルは83円後半へ買われ、前週末につけた年初来高値に迫った。ユーロも125円半ばと1月2日以来の高値圏へ上昇してきた。

ただ、今週は中国が春節で休場となることもあり、アジア市場の参加者は少なめ。取引は低調だったようだ。午後3時までのドル/円の値幅は上下35銭だった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.73/75 1.1441/45 125.57/61

午前9時現在 109.43/45 1.1453/57 125.34/38

NY午後5時 109.48/51 1.1454/58 125.44/48

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below