March 5, 2019 / 6:36 AM / 14 days ago

ドル111円後半、海外市場の下げ幅埋める

 3月5日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の111円後半。この日も全般は見送りムードが強く、主要通貨は小動きに終始した。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 5日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の111円後半。この日も全般は見送りムードが強く、主要通貨は小動きに終始した。

株安などを背景に海外市場で111円半ばへ売られたドルは、東京市場に入りじりじりと上昇。111.94円まで切り返した。下値では年度末を控えて、国内勢が買いに動いたという。

しかし、東京市場の値幅は111.73─111.94円の上下21銭。前日海外では円が全面高となったものの、その要因はきょうから始まった「中国の全国人民代表大会(全人代)を前にした持ち高調整」(トレーダー)の色彩が強かったという。

中国の李克強首相は全人代で、今年の国内総生産(GDP)伸び率の目標を6.0―6.5%に設定したと表明。景気押し上げに向けて、財政政策が「一段と積極的」になるなどと発言したものの、中国株は前日終値付近で小動きに終始。通貨にも目立った反応はなかった。

市場では「首相発言は、成長をほど良いペースにとどめる一方、刺激策で下支えするとの趣旨。ほぼ期待通りの内容だった」(外銀)との声が出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 111.90/92 1.1327/31 126.76/80

午前9時現在 111.77/79 1.1334/38 126.70/74

NY午後5時 111.74/75 1.1337/42 126.70/74

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below