March 20, 2019 / 6:30 AM / 3 months ago

ドル111円半ば、あす朝の円急騰に警戒

[東京 20日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の111円半ば。祝日を前に国内実需や投資家の買いが散発的に入ったという。

 3月20日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の111円半ば。写真は米ドル紙幣。2011年8月に撮影(2019年 ロイター/Bernadett Szabo)

ドルは朝方の111円前半から仲値公示を経て、111.70円までじりじりと上昇。15日以来の高値をつけた。国内実需筋がドルの手当てに動いたほか、あす未明に結果が発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、投資家の買いも入ったもようだ。

そうした動きが一巡すると、ドルは111円半ばへ次第に反落。もみあいとなった。市場の関心はFOMCと、その後の議長会見に集中している。

FOMCの焦点は今後の利上げ見通し。前回12月は今年2回、来年1回だったが、今回は今年1回もしくは見送り、来年も見送りへ下方修正されるとの見方が優勢だ。

市場では「年内利上げ想定がゼロになっても、市場はハト派傾斜を相当織り込んでいるので、為替相場に大きなインパクトはないかもしれない」(国内金融機関)との声が出ていた。

同時に参加者が強い関心を寄せているのが、日本が祝日となる21日朝の円相場動向。FOMCという重要イベントで相場が不安定になりがちな中、アジア市場で大きな存在感を持つ日本の市場参加者が不在で、20日のNY市場終了後に取引量が急減する可能性が高いためだ。

今年1月には米アップルの業績修正発表が引き金となり、NY市場終了後に円相場が104円台まで一気に急騰。いわゆるフラッシュ・クラッシュが発生し、個人を含む幅広い投資家が大きな損失を計上した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 111.52/54 1.1345/49 126.57/61

午前9時現在 111.40/42 1.1352/56 126.52/56

NY午後5時 111.37/40 1.1349/54 126.44/48

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below