December 18, 2019 / 6:22 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル109円半ば、英ポンドは総選挙前の水準まで続落

    [東京 18日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 109.45/47 1.1133/37 121.87/91
 午前9時現在 109.51/53 1.1150/54 122.12/16
 NY午後5時 109.47/49 1.1149/51 122.07/11

    午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点と同水準の109円半ば。前
日ジョンソン英首相の発言をきっかけに急落したポンドはアジア時間でも売られた。対英
ポンドでの円高の影響でドル/円の上値は重くなった。
    
    ドルは仲値付近でこの日の高値109.57円を付けたが、実需のフローが一巡する
と小幅に反落し、その後は109円半ばで一進一退となった。日本株の下落もドル買い機
運を削いだ。市場では「ずっと動きがないので、年末をにらんだ持ち高調整が入りやすく
なってきた」(トレーダー)という。
    前日の海外時間には、ジョンソン英首相の発言を受け、英ポンド/円が146円前半
から2円半以上の幅で下落したが、この日も英ポンドは弱さを引きずり、一時143.0
9円付近まで下げた。対英ポンドでの円高はドル/円にも波及し、ドルの上値を抑えた。
    
    ジョンソン英首相は17日、欧州連合(EU)に対し、来年末までの包括的な貿易協
定締結を迫るため、移行期間の延長を阻止する法案の成立を目指すと表明した。
  市場では「EUは一国ではないため合意を得るのに時間がかかる。そのことに配慮で
きないジョンソン氏は、自ら秩序だった離脱の芽を摘んだと言えるだろう。これで合意な
き離脱の可能性が再び高まってきた」(FX会社)との意見が聞かれた。
    
    トランプ米大統領は17日、ツイッターへの投稿で「米連邦準備理事会(FRB)が
追加利下げや量的緩和を実施すれば、非常に素晴らしい。ドルが他の通貨に対し非常に強
く、インフレもほぼ存在しない今こそ実施する時だ。輸出は急増するだろう!」と述べた
。
  しかし、地区連銀総裁らは17日、米経済の現状と見通しに鑑みて、利下げは不必要
との認識を相次いで示した。
  市場では「FRBとしては、年末にドル金利が急騰するような事態を招かないように
、目下、万全の準備をしているところで、トランプ氏の発言に耳を傾けているような暇は
ないだろう」(金融機関)との声が聞かれた。
  もしもドル金利が急騰した場合、ドルショートを抱える参加者は高金利でのドル資金
調達を余儀なくされるため、「年末にかけては(ドル)ショートは振りにくく、ドル金利
急騰に対する懸念はドルにポジティブな材料だ」(同)という。
    
    米国では、民主党が過半数を握る下院は18日に本会議を開き、トランプ氏が政敵の
バイデン前副大統領に関する調査を行うようウクライナに圧力をかけた疑惑でトランプ氏
を弾劾する決議案が可決される見通しで、市場の反応が注視される。
     

    
 (為替マーケットチーム)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below