May 7, 2020 / 6:25 AM / 3 months ago

東京外為市場・15時=ドル106円前半、米中対立や米雇用統計を警戒

    [東京 7日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 106.27/29 1.0790/94 114.69/73
 午前9時現在 106.20/22 1.0796/00 114.67/71
 NY午後5時 106.14/17 1.0794/96 114.53/57

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円
安の106円前半。ドルは早朝の取引で106円付近まで下落したものの、終盤までには
小幅に反発した。ただ、米中対立の深刻化や明日発表予定の米雇用統計に対する警戒感か
ら、上値余地も限られた。
    
    トレーダーらによると、ドルは午前8時前に一瞬105.99円まで下がり、前日海
外市場の安値と面合わせしたが、午前9時前には106.25円まで値を戻した。その後
仲値公示後に売られたものの、午後3時過ぎには106.34円まで反発した。
    ドル/円では「米中対立が深刻化していることが最も大きな懸念材料だ」(外為アナ
リスト)という。
    トランプ米大統領は6日、中国が1月に署名した第1段階の貿易合意を順守しない可
能性があるとした。また、新型コロナウイルス感染症の死者数について、中国発のデータ
を信じていないと語った。            
    
  8日発表される4月の米雇用統計についても警戒感が広がっている。
    同統計では非農業部門雇用者数が2185万3000人減と予想され、金融危機の2
009年3月に記録した80万人を大幅に超える落ち込みとなる見通しだ。
    
    ユーロは114円後半と、前日つけた3年半ぶり安値114.43円からは反発した
が、前週末1日の日本時間午後5時時点の117.25/29円(日銀集計)からは大幅
安となっている。大型連休中のユーロ/円の大幅な下落が、ドル/円の重しになったとの
指摘も聞かれた。
    ドイツ連邦憲法裁判所は5日、欧州中央銀行(ECB)が資産買い入れプログラムの
必要性を証明しなければ、ドイツ連邦銀行(中央銀行)は3カ月以内に国債買い入れを停
止する必要があるとの判断を下した。            
    市場では「ECBが思い切ったQEをできなくなるとの思惑が広がり、ユーロ売りに
拍車をかけた」(トレーダー)という。
    
    米10年国債利回りは前日一時0.743%と4月15日以来の高水準を付けたが、
現在は0.700%付近となっている。
    米財務省は6日、四半期定例入札の国債発行額を960億ドルに引き上げ、20年債
を新たに発行すると発表した。「20年債再発行と発行額引き上げを同時に実施したのは
サプライズ。7年以上の年限(の発行額)は予想対比で上振れており、イールドカーブの
スティープ化につながっている」(証券)という。
    

    
 (為替マーケットチーム)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below