for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル107円後半、108円台では定着できずに反落

    [東京 1日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 107.59/61 1.1223/27 120.75/79
 午前9時現在 107.98/00 1.1232/36 121.30/34
 NY午後5時 107.92/95 1.1231/35 121.22/26

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の
107円後半。ドルは朝方に108.16円と3週間ぶり高値を付けたが、実需や投機筋
の売りに押されて108円台での定着はできなかった。
    
    ドルは午前9時半過ぎに輸入企業のドル買いや米長期金利の小幅な反発で3週間ぶり
高値をつけた。しかし、久々の108円台では輸出企業によるドル売りや投機筋による利
益確定売りが出てまもなく107円台後半へと押し戻された。
    クロス円でも円高が進み、ユーロは121.44円から120.74円まで下落。英
ポンド/円も133.94円から133.01円まで下落。豪ドルも74.68円から7
4.13円まで下げた。
    
   「前日の海外市場では107.99円でドル高が止まり、今朝はやっと108円台を
回復したが、大方の市場参加者は108円台でドルを買い上げる気はなかったようだ」(
FX会社)という。
    「きょうから第3・四半期入りしたので、海外短期筋はドルの買い仕掛けで一儲けし
ようとしたようだ。しかし、本邦実需の売りに押されうまくいかなかった」(アナリスト
)との声も出ていた。
    
    朝方発表された6月日銀短観では、全産業・全規模の事業計画の前提となる想定為替
レートが、2020年度通年でドルは107.87円と、前回3月調査時点の107.9
8円からわずかに円高方向に修正された。ユーロ/円も119.74円と、前回の120
.29円から円高方向に修正された。
    
    市場では、米国の新型コロナウイルス新規感染者数が話題となっていた。
    ロイターの集計によると、6月30日には4万7000人超と1日当たりの新規感染
者数としては、これまでで最多を記録した。カリフォルニアやテキサス、アリゾナ州など
が流行の中心地になっているという。            
    
    米国経済を巡っては、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が下院金融サービ
ス委員会での証言で、米経済見通しには「著しい不確実性」が存在し、今後の動向は新型
コロナウイルス制御と景気回復を後押しする政府の取り組みにかかっているとの見解を示
している。            
    

    
 (為替マーケットチーム)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up