May 10, 2018 / 3:35 AM / 16 days ago

正午のドルは109円後半、3カ月ぶり高値目前で足踏み

[東京 10日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場の終盤とほぼ変わらずの109円後半。海外市場で円が売られた流れに乗って一時109.93円まで上昇、今月2日以来の110円乗せに迫ったが、心理的にも節目となる大台乗せを前にドルの戻り売りが強まった。

 5月10日、正午のドルは前日NY市場の終盤とほぼ変わらずの109円後半。写真はニューヨークで2013年11月撮影(2018年 ロイター/Eric Thayer)

ドルは2日に110.05円まで上昇。それを上抜ければ2月5日以来の高値圏へ浮上することになる。

岡三オンライン証券投資戦略部部長の武部力也氏は「ドル/円はドルが強く上げ基調だが、いくつかの新興国でネガティブ材料が相次いでおり、リスク回避の円買いが意識されれば、110円ラインに対する抵抗力になるかもしれない」 としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below