August 13, 2018 / 3:23 AM / 4 days ago

正午のドルは110円前半、株安や南アランド急落で円高進行

[東京 13日 ロイター] - 正午のドル/円は、10日のニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の110円前半。

 8月13日、正午のドル/円は、10日のニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の110円前半。写真は南アフリカランド紙幣。ヨハネスブルグで2013年1月撮影(2018年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

朝方110.60円付近を推移していたドルは、下げ幅を拡大していた日経平均.N225が2万2000円を割り込むと、110.14円付近まで下落。その後いったん切り返したが、南アランドの急落が伝わると、下げに転じた。ドルは110.13円まで下落し6月28日以来1カ月半ぶりの安値をつけた。

こうした株安や新興国通貨安はクロス円の下げを誘発し、ユーロ/円は一時125.26円と5月30日以来、2カ月半ぶりの安値をつけた。「クロス円での円高がドル/円の下げをけん引した」(外為アナリスト)という。

南アランドは対ドルで10%超下落し2年ぶりの安値をつけたほか、トルコリラTRYTOM=D3は早朝に7.24リラまで売られ、過去最安値を付けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below