for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

正午のドルは109円付近、一時1週間ぶり安値

 11月13日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円付近。写真は都内で2010年9月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 13日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円付近。午前の取引で一時108.87円まで下落し、7日以来ほぼ1週間ぶり安値を更新した。

市場では、香港株が2%を超える大幅反落となったことが話題となっている。報道によると、中国外務省の耿爽副報道局長は12日、警官の発砲について「完全に法に基づいた処置だ」との見解を示した。

米政府は11日、香港で「殺人兵器の不当な使用」があったとして非難する声明を発表している。

ドルは正午前にかけて109円台へ小幅に切り返した。108円後半には個人や機関投資家の買いが待ち受けていたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up