June 14, 2019 / 3:38 AM / 2 months ago

正午のドルは108円前半、上値重い

 6月14日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。午前の値幅は108.27─108.40円と上下わずか13銭だった。写真はニューヨークで2013年11月撮影(2019年 ロイター/Eric Thayer)

[東京 14日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。午前の値幅は108.27─108.40円と上下わずか13銭だった。市場では来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に大きな注目が集まっており、週末を控えたきょうは積極的な売買が見られなかった。

前日に売られた豪ドルは続落。74円半ばまで下値を伸ばし、1月以来の安値を更新した。7月の利下げを一段と織り込む動きとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below