November 15, 2019 / 3:19 AM / a month ago

正午のドルは108円半ば、2週間ぶり安値から小幅反発

 11月15日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の108円半ば。写真は都内で2010年11月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の108円半ば。一時108.62円まで上値を伸ばし、前日海外でつけた2週間ぶり安値から切り返した。

この日は実需の売買が集中する5・10日とあって、輸入企業などの買いが先行したもよう。香港株の反発や日経平均の上げ幅拡大も、円が軟化する一因となった。

カドロー米国家経済会議委員長は14日夜、ワシントンで開かれたイベントで、政権の通商担当高官と直前に会合を行ったと明かし、対中交渉は「まだ合意に至っていないが、非常に良い進展があり、協議は極めて建設的だ」と述べた。

前日に大きく売られた豪ドルも、73円後半へ小幅反発した。海外市場では73円前半と1カ月ぶり安値を更新していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below