May 17, 2019 / 3:24 AM / 2 months ago

正午のドルは109円後半、あすの豪総選挙に関心

 5月17日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円後半。写真は豪ドル紙幣。シンガポールで2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 17日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円後半。株高に伴って一時110円台を回復したが、買いの勢いは続かなかった。

午前の取引レンジは109.82─110.05円と上下23銭。新たな手がかりに乏しい中、売買の交錯が続いた。

前日に下げが目立った豪ドルは0.68ドル後半と、4カ月ぶり安値圏でもみあい。市場では18日に行われる総選挙の行方が注目を集めている。世論調査で野党労働党が優勢で、政権交代となる可能性があるためだ。

労働党の政策は株高を抑制する可能性があるとの懸念も出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below