February 18, 2020 / 3:15 AM / 2 months ago

正午のドルは109円後半、米アップルの売上悪化見通しが響く

 2月18日、正午のドル/円は、前日の東京市場午後5時時点(109.86/87円)に比べ、若干ドル安/円高の109.67円付近。写真はリマで2017年12月撮影(2020年 ロイター/Mariana Bazo)

[東京 18日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日の東京市場午後5時時点(109.86/87円)に比べ、若干ドル安/円高の109.67円付近。

ドルは早朝に伝わった米アップル(AAPL.O)のニュースで109.80円まで下落した後も戻りが弱く、日本株の下げ幅拡大や豪ドル/円やユーロ/円の下落を受けて、109.67円まで下値を伸ばした。また、仲値付近では輸出絡みのドル売りもみられた。

米アップルは17日、新型コロナウイルス流行が中国での同社製品の生産と需要の両方に影響を与えているため、1─3月期の売上高が会社予想に届かない見通しであると発表した。

「アップルのニュースがリスク回避の円買いを招いた」(外為アナリスト)という。

豪ドルは、前回の豪中銀理事会の議事要旨がハト派的な内容だったことを受け73.32円まで下落した。早朝の高値は73.81円だった。

豪中銀議事要旨は、必要なら引き続きさらなる金融緩和の用意があるとしたほか、一段の利下げが雇用とインフレの目標達成を早める可能性があるとした。また、コロナウィルスが中国ひいては豪経済の見通しにとって「重要な」リスクであるとの認識を示した。

ユーロ/円は朝方の高値119.04円から118.73円まで下落し、ドル/円の下押し圧力となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below