April 18, 2019 / 3:39 AM / a month ago

正午のドルは111円後半、調整ムード

 4月18日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の111円後半。写真はカイロで2016年12月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 18日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の111円後半。日経平均が100円超の下げとなるなどアジア株はまちまちで、円は底堅い展開。海外市場の多くが休場となるあすを前に、調整ムードが広がった。

豪の3月就業者数は2万5700人増と、予想の1万2000人増を上回った。発表直後に豪ドルは80円前半から半ばへ上昇したが、勢いは続かなかった。失業率は5.0%と予想通りだった。

市場では「強い労働市場と弱いGDPという(最近の豪経済の)謎を解く手がかりにはならかなった。中銀はハト派的スタンスにあるとの見方を維持したい」(バークレイズ)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below