June 18, 2019 / 3:48 AM / in a month

正午のドルは108円前半、FOMC控えたポジション調整

 6月18日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108.36/38円。写真はカイロで3月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 18日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108.36/38円。

前日の海外市場では、弱い米経済指標にも関わらずドルが下げ渋ったが、この日は、実需の買いが一巡すると、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えたポジション調整のドル売りが先行した。

豪中銀の議事要旨を挟んで、豪ドル/円やユーロ/円などのクロス円が円高方向に振れたことや、米長期金利が小幅に反落したことも、ドル/円の上値を重くした。

市場参加者は日本時間20日の早朝に判明するFOMCの結果を固唾を呑んで見守っているが、市場参加者が現在最も警戒しているのは、市場予想よりハト派度合いが弱いFOMCの結果だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below