March 19, 2019 / 3:23 AM / 3 months ago

正午のドルは111円前半、さえない株価と米長期金利低下で軟調

 3月19日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の111.18/20円。写真はハノイで2016年5月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 19日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の111.18/20円。

ドルは早朝の取引で111.45円の高値をつけた後、さえない株価の値動きや再び2.60%を割り込んだ米10年国債利回りなどを眺めながら下落。前日海外市場の安値111.30円を下回ったことで、ドルロングの投げも出たもようだ。

昨日の海外時間から、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた短期筋の調整売りが続き、ドル/円やユーロ/円を圧迫しているという。

ユーロは126.33円から126.11円まで下落した。

さらに、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感も、「リスクオンの円売りを阻んでいる」(証券会社)という。

午前の取引で英ポンドは147円半ばから後半で小幅な値動きに終始したが、海外市場では一時146.99円まで下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below