October 2, 2019 / 3:12 AM / 18 days ago

正午のドルは107円後半、下げ一服だが戻りも鈍い

 10月2日、正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の107.78円付近。 写真はトルコのイズミルで昨年8月撮影(2019年 ロイター/Osman Orsal)

[東京 2日 ロイター] - 正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の107.78円付近。 ユーロは、前日1.0879ドルと2年5カ月ぶり安値まで下落したが、きょうは1.09ドル前半を中心とする小動きとなった。

東京市場午前の取引では、2カ月連続で50を下回った米供給管理協会(ISM)製造業景気指数を手掛かりとするドル売りは一服したものの、日本や香港の株安、香港でのデモが激化する可能性、北朝鮮によるミサイル発射などリスク要因が意識され、ドルの戻りは限定的だった。

「ISMショックを経た東京では、国内勢の押し目買いが見られた。ただ、香港や日本の株価下落などで、ドルの上値を追う動きは活発にならなかった」(外為アナリスト)という。

2日の香港では、さらなるデモを呼びかける声が高まっており、事態が収拾するかどうか依然見通せていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below